菊花賞

クラシック三冠目、菊花賞について。

いきなりですが、注目馬は↓↓


人気ブログランキング

 

今年のクラシックの安定感と

調教などから連は外さないのでは。

 

対抗はこの馬↓↓

[最強]競馬ブログランキングへ

 

初めはこの馬を軸でいこうと思っていて

枠順発表を楽しみにしていました。

内枠ならいいなぁと思ってましたが

結果は中枠。ビミョー…

ただし京都は合うのかよく走ります。

あのダービー馬にも勝ってますから。

 

騎手は2014年の菊花賞を勝っていて

そのコンビが大好きでした。

過去5走この騎手が乗っていて

継続騎乗なのもいいですね。

3000という長丁場は勝手知ったる騎手のほうが

いいですから。

 

▲としてヒシゲッコウを。

去年のフィエールマン的な立ち位置。

あくまで立ち位置というだけなんですが

過程なども違いますしね。

長距離向きというのと騎手で。

 

ワールドプレミアですが京都長丁場では

武さんは押さえときたいですね。

新馬からずっと武さんが乗ってきて

手の内に入れてるだろうから。

 

あと、前走と同じ1番枠に入ったザダル。

絶好枠に入ったニシノデイジー

馬体うんぬん言われてますが

この乗り替わりは、プラスだと思うので。

 

穴でユニコーンライオンを。

久しぶりの京都の舞台ですから

走っても不思議ではありません。

 

めちゃ多くなってしまった。汗

◎-◯馬連と三連複を

手広く買おうと思います。